2008年07月18日

糖尿病の症状にあった機種を選びましょう

血糖値測定器を利用して自己測定をしなければならない人の多くが糖尿病を患っている方でしょう。
糖尿病と一言で言っても種類があります。
大半は、歳を重ねて人生の途中からなる糖尿病の方ですが、小さな子供でも糖尿病患者は居ます。
「1型」と呼ばれる糖尿病患者の場合、血糖値の管理も重要ですが、ケトン値の上昇にも注意を払わなければなりません。

血液中のケトン値が高くなってしまうと、体が酸性化してしまい、とても危険な状態に陥ります。
1型糖尿病の方は、血糖値の測定はもちろんですが、ケトン値を把握しておく必要もあります。
このため、血糖値測定器の種類によっては、ケトン値も測定することができる機種があることを知っておくと良いかもしれません。
アボットジャパン製の「プレシジョンエクシード」であれば、専用の試験紙さえ用意すれば、ケトン値の測定もすることができます。

また、糖尿病患者の方は合併症と闘う方も多いことでしょう。
その影響で視力が弱くなり、文字が見にくいという方にとって、血糖値測定器の数字を測定の都度把握するのは困難かもしれません。
そんな方には、音声確認機能が付いている機種があることを知っておくと良いでしょう。
テルモ製の「メディセーフボイス」には機能が付いていますし、サノフィアベンティス製の「グルコカードダイアメーターa」や、三和科学研究所製の「グルテストPROR」であれば、出力装置を繋げれば音声確認をすることができます。

posted by うさきち at 11:02| 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。