2008年07月18日

血糖値測定器を購入できる場所

血糖値測定器には様々な種類があり、それぞれの特徴を知った上で、自分に最適な物を選ぶのが良いことはわかりました。
では、実際に血糖値測定器を購入するには、どこに行ったら良いのでしょうか?
数年前までは、何処の薬局にも普通に並んでいるのを見かけましたが、今では、取り扱いのある薬局と無い薬局があるのです。
売り上げに関係して、置く店と置かない店があるのでしょうか?
理由は売り上げに関係するばかりではありません。

平成17年4月から、血糖値測定器は、「高度医療器具」として認定されました。
「高度医療器具」を販売するには、「高度医療器具販売業」の資格が無いと取り扱うことができないのです。
この資格を取得するための基準はとても厳しいのです。
それに、資格許可を申請する手続きにかかる料金もとても高額です。
そのため、資格取得と売り上げを考えたら、敬遠する薬局も多く、取扱店を見つけるのはなかなか困難でもあるというのが現況です。

ただし、これは血糖値測定器本体の販売のことであって、測定器に必要な消耗品の販売については資格は必要ありません。
なので、消耗品はどこの薬局でも販売することはできるため、購入するのに苦労はしません。

しかし、今や時代はインターネットです。
あくせく町中の薬局を訪ね歩かなくても、パソコンで検索すれば、通信販売で血糖値測定器を購入することができます。
写真付きで、商品説明も詳しくされていますので、いろいろ見比べて検討することもできます。
消耗品なども購入できるので、一度パソコンのサイトを覗いて見ると良い情報を得ることができるかもしれません。


血糖値測定器を利用した自己管理は、治療を行う上で、とても有効的なものであることは理解されている方も多いと思います。
しかし、やはり病院で人に採血してもらって測定して・・・というのに比べ、家で自分で測定する・・・というのは不安もあります。
しかも、それなりにコストがかかってしまうのは避けられませんし、購入してしまったけれど、何だか使い勝手が自分に合わず使いにくい・・・・となると、継続して測定するのが困難に思えてしまいます。

そこで提案するのが、血糖値測定器のレンタルです。
携帯電話会社である「ソフトバンク」が運営している「ライフキャリア」で、血糖値測定器をレンタルできます。
もちろん、レンタルだけのサービスではなく、血糖値を総合的に管理してくれるサービスの一つとして、血糖値測定器のレンタルがあるのです。

基本サービスは、計測データの管理と、専門家による健康相談です。
それに、測定器のレンタルを加えても、月々3,000円程でできます。

サービスの流れとしては、レンタルした測定器で血糖値を測り、その結果を送信します。
データ管理システムが、送信されてきた結果を全て管理してくれていますから、集計された結果を元に改善に向けたアドバイスを受けたり、そのデータを元に自分で不安に思える部分があったら専門家に相談したりすることができます。
自分ひとりでは不安な部分をカバーしてくれるサービスが付いているのは、とても心強く、測定の継続に繋がります。
このようなサービスを利用してみても良いかもしれません。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。