2008年07月18日

使用済み消耗品の処理の仕方

血糖値測定器は本体だけでは、測定することはできません。
本体以外に必要な針やセンサー(チップ)は使い捨てですから、その都度交換しなければなりません。
では、使い終えた針やセンサー(チップ)の処理はどの様に行えば良いのでしょうか?

血液の付着した針やセンサー(チップ)は、取り扱いを間違えると、血液中の微生物を病原体として別の人に感染させてしまう恐れがあります。
そのため、血糖値測定器で使用した針やセンサー(チップ)は、「感染性廃棄物」として処理する必要があります。
一般ゴミと混ざらないように、使用後はきちんと保管専用の容器に入れて、小さな子供の手が届かない場所に、別の人が誤って開けたりしないようにわかりやすい形で置くようにしましょう。

血糖値測定器による自己管理をしている人のほとんどは、定期的に病院に通われている方だと思います。
病院の主治医の指導の元、血糖値測定器を利用している人も多いことでしょうから、病院に足を運ぶ機会は定期的にあるはずです。
病院に行く際に、使用済みの針やセンサーを持ち込めば、病院で処理をしてくれますので、持ち込みましょう。

また、通信販売で消耗品を購入する際に、一回の注文で一個、処理用の専用容器を無料で提供してくれるところもあります。
その容器がいっぱいになってしまったら、購入したお店宛に郵送すれば処理をしてくれるというサービスを行っているお店もあります。
そのようなサービスを利用して、使用済みのものの処理はきちんと行いましょう。


血糖値測定器で自己測定するには、本体だけでは測定できないのは充分に理解いただけたと思います。
測定器本体以外にも、採血に必要な穿刺針、そして採血したものを付着させるセンサー(チップ)、この3セットが、測定に必要最低限の物であることはいうまでもありません。
では、それ以外に必要とされるものは無いのでしょうか?

ここでは、血糖値測定のための補助用品として、用意しておくと便利なもの、役立つものを挙げてみたいと思います。
血糖値測定には、「採血」が不可欠です。
体に針を刺す行為をするのですから、清潔な手で作業することはとても大切です。
最近では、病院でも院内感染などの配慮から、消毒剤を設置してある所がとても多いです。
目に見えない細菌から身を守るためには、やはり消毒して清潔な状態を作ってあげることです。
そのため、血糖値測定器を使用する際には、手指消毒剤で、手をきれいにしてから作業をはじめることをお薦めします。
速乾性の物があるので、消毒後すぐに作業を進めることができるため、手間をかけずに手をキレイにすることができます。

また、作業する手ばかりをキレイするのではなく、針を刺す部位もきちんと消毒してあげましょう。
一度の測定に使用する分だけが一包みになった消毒綿もあるので、測定器を携帯することが多い人はこのタイプの消毒綿を使うと便利です。

採血終了後に針を刺した部位を衛生的に保つためのパッドも用意されています。
測定にあたっては、衛生面に配慮する必要が大きいので、このような補助用品を利用することをお薦めします。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。