2008年07月18日

測定場所を考慮して機種を選びましょう

血糖値測定器を利用して自己測定を行う人は、生活環境によって、使用する場所も様々です。
ほとんど毎日家で過ごすことが多い人は、家で測定することが大半になるでしょう。
しかし、人によっては1日の大半を家以外の場所で過ごすため、測定場所が野外になってしまう方もいるかもしれません。
また、測定場所が家と野外と半々という方ももちろん居ることでしょう。

血糖値測定器は、測定する場所で選ぶことも大きなポイントとなります。
それぞれの機種の特徴を見るとわかるように、テルモ製の「メディセーフミニ」「メディセーフボイス」は、直射日光に弱い作りになっています。
よって、野外で測定する人には不向きな機種です。
しかし、「メディセーフボイス」は測定結果を音声で確認することが出来ますから、家で大半を過ごすことが多く、視力が弱い方にとってはとても魅力的な機種です。

家以外で測定することが多い人にとっては、軽くて小さい血糖値測定器の方が、携帯するのに便利です。
二プロ製の「フリースタイルフラッシュ」や「フリースタイルフリーダム」は、小型で軽量なので、持ち運ぶのに負担がかかりません。
二プロ製の物には、バックライト付きのものがあるので、野外で数字が見えにくい時間帯であってもしっかりと確認でき、見間違うことがありません。

このように、各人の生活スタイルによって測定する場所も変わって来ますから、それらを考慮して機種を選ぶことも、とても大切なポイントとなります。

血糖値測定器を購入したら、実際に治療に役立たせるデータを取るためには、どのようなポイントをおさえて測定をするのが良いのでしょうか?
あまり神経質になりすぎて、頻繁に血糖値を測ってばかりいても仕方がありませんし、ポイントがずれた測定時間であると、統計結果を比較しにくくなってしまいます。
各人の糖尿病の状態によっておさえておくべきポイントを把握して血糖値測定器を利用するのが良いでしょう。

普段の生活でのコントロール状況を管理するために、血糖値測定器で測定する時間としては、食前、食後二時間、就寝前、午前三時がポイントとなります。
その中で、1日2回測定する日を1週間に2回ないし3回設けます。
1日2回の測定は、前述のポイントとなる時間の中から選ぶのが良いのですが、食前の場合は、なるべく朝食前、食後の場合は、朝食または夕食後が好ましいようです。
できれば、週に一度は、ポイントとなる時間の4回を測定するとベストです。

状態が思わしくなく、コントロールを強化しなければならない状況にある場合は、必然的に測定回数も増やす必要があります。
毎日、毎回の食事の前と、夕食後か就寝前は必ず測定することが望ましいようです。

また、普段の生活状況とは異なった環境に置かれた状況の場合には、その都度測定することが必要です。
例えば、特別な催し物などで、普段と違う食事をした時や、いつも以上に激しいスポーツをした時には、その前後に測定しておきましょう。
それに、低血糖状態になっている時には、測定回数を増やすことが必要です。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。