2008年07月18日

血糖値測定器選びのポイント

血糖値測定器はいくつかのメーカーで製造されており、それぞれ機能に特徴があることがわかったと思います。
では、毎日利用する血糖値測定器を選ぶポイントはどこに置けばよいのかを考えてみましょう。

それぞれの製造メーカーの機種の特徴にも挙げたように、血糖値測定器には、それぞれポイントを抑えた機能があります。
まず、「痛み」についてです。
毎回、多少なりとも採血しなければなりませんから、体に針を刺すことになります。
大した痛みでないなら・・・と判断するか、少しでも痛みの少ないものが良いと判断するかが選択のポイントになります。

次に「表示」についてです。
血糖値測定器で得た結果は、原因の追究や、今後の治療について大きな影響を与えますから、しっかりと数値を把握しなければなりません。
測定結果が見にくければ、数字を見間違えたりしてしまうこともあります。
もしご自分が視力が弱かったり小さな字が見えにくかったりする方は、表示の見やすい物を選ぶところにポイントをおきましょう。

次は、「記憶」についてです。
前述の通り、測定結果は、主治医に見せて今後の治療についての診断材料として使われます。
そのため、毎回の記録を残すことが必要です。
結果を記述するのは面倒だ・・・という方には、なるべく多くの記憶容量を持つ物を選ぶことがポイントになります。

この他にも、測定器本体の大きさや重さ、測定する部位について、チップは使いやすいか、消耗品にかかるコストはどうか・・・などが、測定器選びのポイントとなります。

血糖値測定器で自己測定を始めると、測定に慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。
測定器で正確な測定値が出せなければ、測定する意味がありませんから、ミスのないように正確な値を出すように注意を払いましょう。

今回は、血糖値測定器の正しい使い方を挙げてみたいと思います。
まず、正しい測定をするためには、本体に合った血液の量が必要です。
血液の量が少ないと、実際の血糖値よりも低い値が出てしまいます。
針を刺す前に、その部位を揉んでほぐしておいたり、温めておくと、血が出やすくなるため、充分な採血量を得ることができます。
血の出が悪かったと言って、無理に絞り出したりすると、血液以外の組織液が混ざってしまいます。
これも、正確な値を出せない原因になってしまうので、決して搾り出さないようにしましょう。

また、採血の量は十分でも、センサーに付着させる分の血液が少なかった場合、これも血糖値が低く出てしまいます。
センサーに十分な量が吸引されるまで離さないようにしましょう。

これ以外にも、測定前に行う消毒の液が乾いていないと、血液に消毒液が混じってしまうことがあります。
これでも測定値に誤差が生じてしまうので、消毒した手はしっかり乾かして測定をはじめましょう。

後、忘れてならないのが、センサーには使用期限があるということです。
まとめ買いをしても構いませんが、必ず使用期限内で使いきれる分を考えて購入しましょう。
使用期限が切れてしまったセンサーでは、正しい測定はできません。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103111518

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。