2008年07月18日

血糖値測定器に必要な穿刺針について

痛みの少ない血糖値測定器の選び方のポイントとして、針の太さは痛みには関係の無いことを述べました。
とはいえ、やはり血糖値測定器の初心者にとっては、自分で自分の体に針を刺す行為というのは恐怖心も伴うものです。
いきなり太い針を刺すのは抵抗があるものです。
慣れるまではなるべく細いタイプのものを選ぶと良いかもしれません。

「穿刺針」は、数字が大きいほど針の太さが細くなっています。
30G(ゲージ)よりも28G(ゲージ)の方が太いといった具合です。
本体の機種によっても、適応されている太さは違ってくるようです。
本体を購入する時に、初回はセットとして販売されている所が多いですが、消耗品ですので、次回からは穿刺針だけの購入ということも有り得るので、きちんと確認しておく必要があります。

では、何故針の太さに違いがあるのでしょうか?
それは、測定する部位や個人によって、皮膚の厚みに違いがあるからです。
針の太さに迷う時は、測定したい部位や、自分の皮膚の厚みを考えながら選ぶと良いかもしれません。

いうまでもありませんが、穿刺針は使い捨てです。
血液には、病原微生物が存在しますから、それが付着している穿刺針を使いまわすということはとても危険な行為です。
よって、一度使った穿刺針は、正しい方法で廃棄する必要があります。
ということで、穿刺針は毎回新しいものを使わなければならない「消耗品」であるため、もちろんコストもかかります。
血糖値測定器で自己測定を継続するには、消耗品のコストもかかることを覚えておきましょう。

また、血糖値測定器は本体だけでは測定には至りません。
血糖値測定器の使い方の流れとしては、穿刺針を使い出血させ、その血液をチップ(センサー)に付着させ、本体で数値を測定させるといった感じになります。
前回、穿刺針の説明をした時に、穿刺針は使い捨てであるため、消耗品としてのコストがかかることを述べました。

では、血液を付着させる「チップ」はどうなのでしょうか?
実は、これも消耗品です。
ですから、血糖値測定器で自己測定をする場合には、本体に合った、穿刺針とチップの二つの消耗品が必要になるということになります。
となると、継続して行わなければならない血糖値測定には、それなりのコストがかかるということになります。

しかも、測定になれるまではそれなりに手間がかかってしまいます。
血液は、空気に触れるとすぐに凝固が始まってしまいます。
もちろん、正確な血糖値を測るには、固まった血液では行えませんから、手早い作業が必要になります。

しかし、焦るばかりに血液の量が少なくなってしまい、上手く測定できないこともあります。
二度付けは禁物ですから、新しいチップを用意しなくてはなりません。
それに、開封してから時間が経ってしまったチップを使うと、湿気を含んだせいで、実際よりも低い値が出てしまいます。
それでは測定した意味がありませんから、開封して時間の経ったチップを使うことも禁物です。

操作に慣れるまでは消耗品の量も多く必要となってしまうことが考えられます。
コストに拘るのであれば、消耗品のコストの安く済む機種を選ぶと良いかもしれません。
そんな方にはバイエルメディカル製の「アセンシアプリオ」がオススメです。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103111517

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。