2008年07月18日

血糖値測定器で自己管理するためのポイント

糖尿病患者が、自分で血糖値を測定して管理するのは、とても有意義なことです。
血糖値をコントロールできないまま生活していたら、糖尿病をどんどん悪化させ、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。
そのため、糖尿病患者は、自分の血糖値を常に把握しておかなければなりません。
きちんと血糖コントロールが出来ていれば、糖尿病にとって一番怖い合併症を防ぐことが充分に可能だからです。
自分で血糖値を管理するには、やはり「血糖値測定器」が必要です。

血糖値を測定するには、病院で測る以外にも、市販されている血糖値測定器を利用すれば、自分で測定することができます。
市販されている測定器は種類も多く、自分に合ったものを選べることができます。

市販されている血糖値測定器を利用して自己管理に役立たせてみると、病気に対する意識も高まり身体にとっても良い結果が生まれることでしょう。
そこで、血糖値測定器を利用して自己測定を行うためのポイントをおさえておきましょう。
まずは、測定値を記録するためのノートを用意してください。

血糖管理をしなければならない人には、当然ながら主治医がいるはずです。
病院を受診される場合に、そのノートを主治医に見せましょう。
そのノートには、測定結果の他に、もしも数値が上がっていたり、下がっていたりした場合、その原因として思い当たる内容をメモしておくと、自己管理がよりしやすくなります。

また、1日の内に何度も測る必要はありませんが、ポイントを抑えた測定を行うことはとても大切です。
もちろん、その数値に拘りすぎる必要もありません。
数値に振り回されて、ストレスを貯めてしまったら元も子もありません。
測定結果を見て今後の治療についての診断をするのは、主治医に任せましょう。

自己測定の結果が良いからといって、病院の定期健診を疎かにするのもやめましょう。
自己測定はあくまでも血糖コントロールの目安としてとらえるために、継続的に記録することをおすすめします。

ただし、忘れては行けないのは、血糖値を測定する目的です。
重要なのは、もちろん血糖値が上手にコントロールできているかであって、その値に一喜一憂するためのものではありません。
測定器が手元にあると、とても便利で良いのですが、くれぐれもその値に振り回されることの無いように上手に利用しなければなりません。

例えば、血糖値が高めだったから、食事を抜かそうと考えたり、規定の薬の量よりも多目に飲もうと考えたり、急に激しい運動を始めたりするのはとても危険な行為です。
血糖値は常に変化している値ですから、一回の測定結果を元に自己対処をするのではなく、その値が出た原因を考えてみてはいかがでしょうか?
高めの値が出たのにはそれなりの原因があるはずです。
もちろん、空腹時や食後二時間の適正範囲の値をきちんと把握した上で、思い当たる原因がないかを振り返ってみてください。

血糖値測定器で自己測定する場合の目的をきちんと把握して利用することをおすすめします。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | 購入前のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。