2008年07月18日

メーカー別血糖値測定器(4)

【三和科学研究所】
血糖値測定器は、根本的な機能は同じでも、製造メーカーによって様々な特徴が見られます。
その特徴がいかに自分に適するかを見極めて、選択することが、自己測定を続けるためにはとても重要です。

今回は、三和科学研究所製の血糖値測定器「グルテストエースR」「グルテストNEO」「グルテストNEOスーパー」の特徴について挙げてみたいと思います。
まず、「グルテストエース」は、血糖値を自己測定する人にとって「使いやすさ」をモットーに作られているようです。
血糖値の測定は手間がかかり面倒なので、なかなか続けるのは大変です。
というのも、血糖値測定器の機能が複雑だから・・・というイメージがあるせいかもしれません。

しかし、これは、わずらわしいキー操作が必要ありませんから、手軽に操作できるのが特徴です。
しかも、測定時間が15秒という早さも大きな特徴のひとつです。

「グルテストNEO」は、360回分の測定値が記憶できます。
それに、食事時間も同様に記憶ができるという、記憶量の多さが特徴です。
それ以外にも、補正作業が要らない血糖値測定器としても人気を得ているのも大きな特徴となっています。

「グルテストNEOスーパー」は、その名の通り、グルテストNEOをはるかに上回る高機能になっています。
測定時間は、わずか5.5秒、しかも、450回分の測定値の記憶ができます。
その上、自動補正機能も付いていますから、とても充実した機能を持つ機種と言えます。


【ジョンソン・エンド・ジョンソン】
器械物は苦手・・・とおっしゃる方は、結構居るものです。
最近では携帯電話を持つ年配の方もとても増えていますが、結局の所、機能を充分に活かしきれずに宝の持ち腐れ状態になっていることも多々あるのではないでしょうか。
器械物というのは取扱説明書を読めば、知りたい情報も載っているのですが、小さな文字が見難くなる年代にとっては、それも億劫な作業です。
やはり、簡単明瞭ですぐに機能が覚えられる物が、毎日使う物としては、好まれるという傾向があるようです。

今回は、ジョンソン・エンド・ジョンソン製の血糖値測定器「ワンタッチウルトラ」の大きな特徴を挙げてみたいと思います。
「ワンタッチウルトラ」という名前がそのまま特徴にもなっている感じですが、コンパクトなボディで、操作もコンパクトという血糖値測定器です。

他社の血糖値測定器と比較してもサイズが小型の方に類する「ワンタッチウルトラ」は、軽量も42.5gと、とても軽く持ち運びに便利です。
ボディはコンパクトだけれども、精度はしっかりと高いのが特徴です。

血糖値を自己測定する人にとって、負担の大きい採血量も、ごくわずかで済むので、毎回の測定が苦痛になりません。
測定結果もわずか5秒で表示されますから、時間的な負担も苦になりません。
簡単操作で、迅速測定、なのに、ボディはコンパクトといった三拍子揃った測定器がジョンソン・エンド・ジョンソン製の「ワンタッチウルトラ」の特徴です。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | オススメ機種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。