2008年07月18日

メーカー別血糖値測定器(3)

【テルモ】
日本人の感覚として、やはり一般的に名の通った会社の物は信頼が置けるといった概念が少なからずあるのは確かです。
製品選びに迷ったら、看板の大きさで、信頼度を測るというのも時には必要なことかもしれません。

どの家庭にも一本は必ず常備されている医療器材に「体温計」があります。
この体温計の製造メーカーでも有名な「テルモ」でも、血糖値測定器を製造しています。

今回はテルモの「メディセーフミニ」の特徴を挙げてみたいと思います。
前述のように、テルモと言えば「体温計」メーカーとして馴染みがあります。
体温計もコンパクトな作りではありますが、人の体調を測るとても重要な役目をします。

その体温計作りのノウハウを活かして血糖値測定器も開発されたのではないかと思うくらい、「メディセーフミニ」はコンパクトだけれど、充分な機能が付いています。
血糖値測定器本体はもちろん、付属の針やチップなどを収納することができる専用のハードケースが付いています。
小さな子供が触ったら危険な物や、バラバラと管理しにくい消耗品を一まとめにしておくことができるので、管理がしやすく便利です。

コンパクトで携帯にも便利なので、旅行や出張などで外出する機会の多い人でも、持ち運びに負担が無いので、自己測定を継続できるのが嬉しいです。
信頼と実績のあるテルモ社の「メディセーフミニ」は、自己測定で血糖値を管理する人に充分な機能と、携帯性が大きな特徴となっています。


【サイノファベンティス】
血糖値測定器で自己測定を続けることによって、糖尿病治療に対する意識が高まります。
血糖値が上手くコントロールできていることは、体が喜ぶのはもちろん、精神的にも良い効果を生みます。
測定しなければならない・・・という使命感で苦痛に思うよりも、よりよい機種を見つけて、心神共に負担無く測定が続けられるようにしたいものです。

今回は、サノフィアベンティス製の「グルコカードダイアメーターα」の特徴を挙げてみたいと思います。
「グリコカードダイアメーターα」は、15万人以上もの使用者が居るという、信頼と実績のある人気の製品です。

血糖値測定器の、煩わしさの一つである補正作業が、グリコカードダイアメーターαであれば必要がありません。
手間がかからないというのは、測定者の負担を少なくし、有意義に測定を継続できることに繋がります。

これ以外にも、測定者にとって負担となる記録の管理も、120回分をデータ−として残してくれますから、書き出す必要がありません。
もちろん、日付や時刻も表示されるのでデータ−管理はバッチリです。
測定時間も15秒という短時間で完了します。

糖尿病患者の増加と共に、血糖値測定器による自己測定の必要性が高まっています。
それらの人達の声を聞きながら、血糖値測定器を利用する人の負担を最小限に考えられたサノフィアベンティス製の製品が多くの人に求められ、使用されている理由が良くわかるのではないでしょうか。


posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | オススメ機種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103111511

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。