2008年07月18日

メーカー別血糖値測定器(1)

【二プロ】
血糖値測定器を選ぶには、それぞれの製品の特徴を知っておくことが大切です。
その中で自分に適した測定器を見つけましょう。
今回は、二プロ製の「二プロフリースタイルフリーダム」と「二プロフリースタイルフラッシュ」について特徴を挙げてみます。

まずは、「二プロフリースタイルフリーダム」の大きな特徴は、採決量がごくわずかで済むということです。
しかも、手の平や前・上腕部や大腿部など、痛みの少ない部位からの採血が可能となっています。
血糖値測定器での自己測定は、継続することに意味があります。
しかし、採血するという苦痛から測定するのをためらったり、疎かにしてしまっては、正しい血糖値管理はできません。
その点を充分にカバーできるのが「二プロフリースタイルフリーダム」の大きな特徴です。

また、「二プロフリースタイルフラッシュ」も同様に、わずかな採血量、痛みの少ない部位からの測定が可能な測定器です。
しかも、計測時間もわずか7秒で完了です。
それに、なんと言っても最大の特徴は、血糖値測定器では、世界最小のサイズであることです。
外出先で測定する機会の多い方や、旅行や出張など家を離れる機会の多い方などが、持ち運びに便利なように考えられています。

二プロの製品は、痛みが苦痛、外出する機会が多いから継続しての測定は不可能・・・という理由から血糖自己測定を敬遠されたり、諦めていた方でも、十分に活用できるように考えられている製品であるのが大きな特徴です。


【アボットジャパン】
血糖値測定器を利用して自己測定を始めようと思い立ったのは良いけれど、数多い種類の中から、果てさてどれを選んだらよいものか・・・悩んでしまいます。
各製品にはそれぞれ特徴がありますので、それらを知って測定器選びに役立ててください。
今回は、アボットジャパン製の「プレジョンエクシード」について特徴を挙げてみたいと思います。

血糖値測定器で継続して出された結果は、定期健診の時に主治医に提出をします。
主治医は、薬量の調節や血糖値コントロールの出来不出来や原因究明の判断材料としてその結果を利用します。
そのためにも、自己測定は継続して行うことが重要になります。

「プレジョンエクシード」ならば、450回分の測定結果を記憶させておくことができます。
もちろん、その記録結果を閲覧することもできるので、わざわざ毎日ノートに測定結果を書き写す必要がありません。
書き写すとなると、数字を見間違えたり、書き間違えたりなどというミスも起こりがちですが、測定器本体に記憶されるのでそんな心配もありません。
それに、記録を閲覧する場合でも、ディスプレイいっぱいに出される大きな数字でとても見やすくなっています。
しかも、血糖値の平均を割り出してくれるので、簡単に平均値を把握し自己管理の判定もしやすくなっているのも嬉しい機能です。

アボットジャパン製の血糖値測定器は、ディスプレイの見やすさと、記憶容量の多さ、数値の管理のしやすさが大きな特徴の製品です。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | オススメ機種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。