2008年07月18日

痛みの少ない血糖値測定器を選ぶには

前回、血糖値測定器の選び方のポイントをいくつか挙げてみました。
その中でも、血糖値測定器を選ぶのに、「痛みの少ないもの」をポイントに置く方は非常に多いのではないでしょうか。
血糖値の自測定は定期的に行うものです。
これに苦痛が伴っては、なかなか継続できるものではありません。

血糖値測定器は、本体と、チップと穿刺針の三つがそろってはじめて測定が完了します。
その中でも、「痛み」に関わる部分を担当するのが、採血をする「穿刺」になります。
本体と対応したものをセットで使わないと測定ができませんから、穿刺で痛みの少ない方法を選ぶことが、「痛みの少ない血糖値測定器」を選ぶことになります。

そこで今回は「痛みの少ない血糖値測定器」を選ぶポイントについて説明します。
前述したように、痛みの少ない血糖値測定器は、要するに穿刺の作業に痛みが少ないものということになります。
穿刺するのに、痛みを少なくするために「減圧式採血器」を採用しているものを選んでみてはいかがでしょうか。

減圧式採血器とは、採血のために針を刺す時に、マイナスの圧力をかけることによって、血液を吸い上げます。
そのために、痛みを緩和できるのです。
この方式を取り入れたものが三和科学研究所の「ファインレット減圧式採血用穿刺器具」です。

これ以外にもバイエルメディカル製の「マイクロレットチョイス」があります。
これは、指先以外の部位から採血するための機種になっています。
このため、より一層痛みを緩和することが可能な機種でもあります。

血糖値を測定するのには、血糖値測定器の本体と、センサーと穿刺針が必要になります。
穿刺針が細ければ細いほど、痛みは少ないのではないか・・・と考える方も居て当然です。
こんなに太い針が刺さるのか・・・・とまずは目で見て痛みを想像してしまうものです。
しかし、実際のところは、針の太さと痛みの強弱についてはほとんど関係が無いと言われます。

ということは、穿刺針の細いものがイコール痛みの少ない血糖値測定器ということにはなりません。
痛みは、針を刺す場所や、深さによって強弱が大きく変わってくるようです。
とはいえ、針を刺す深さについては、どこの製造メーカーのどの機種も調整可能となっているので、そこにこだわることはありません。

そういうわけで、痛みの少ない血糖値測定器を選ぶには、痛みを感じにくい部位でも測定できることがポイントになります。
採血する部位として、すぐに出しやすく、作業がしやすいのはやはり「指先」です。
しかし、指先は痛みを感じやすい部分でもあります。
前腕や上腕、親指の付け根、太ももなどは比較的痛みを感じにくい部位ですから、そのような場所からでも採血が可能である機種を選んでみてはいかがでしょうか。
これらの部位からの採血が可能な機種にはニプロフリースタイルフリーダム、ニプロフリースタイルフラッシュ、プレシジョンエクシードがあります。

posted by うさきち at 11:02 | TrackBack(0) | オススメ機種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。